物件を探す

フリーワード検索
駅名や学校名を入れて検索できます。

無料FP相談

私たちが他にない「人生設計」をお手伝いする理由

販売事例集 

心をこめて
お手伝いいたしました

お客様の声

忘れられない
一生ものの出会い

お役立ちコラム集

不動産を選ぶとき、売るとき、ちょっと役立つ豆知識

公式ブログ

子育て真っ最中の日常やお客様の声も更新中

桜コンサルタント株式会社

〒448-0856
愛知県刈谷市寿町2-201-1
TEL 0566-93-9997 
FAX 0566-25-9001
http://www.sakura-consult.co.jp
info@sakura-consult.co.jp

会社概要

住宅ローン控除と住民税と長期優良住宅2021

住宅ローン控除と住民税2021

確定申告シーズンによくご質問いただく内容をピックアップしてお届けします。不動産に係る税制度はとても複雑です。話が枝葉に及ぶと理解しずらいため、大まかに分類してお届けします。個々のご相談は税務署や市役所へお尋ねください!

目次

長期優良住宅を購入されたお客様からよく聞かれること

長期優良住宅は「認定住宅の新築等」に該当するの?

該当します。メリットは住宅ローン控除の最大控除額が50万円になり、家屋の固定資産税が2分の1に減税される期間が長くなります。(木造2階建住宅⇒新築後5年間/マンションなど耐火性3階建て以上の住宅⇒新築後7年間)

住宅ローン控除額の上限は4種類(2021年12月31日まで)
消費税がかからない
個人が売主の中古物件
年間の上限20万円
個人売主で認定住宅に該当 年間の上限30万円
一般住宅(消費税10%) 年間の上限40万円
認定住宅の新築等(消費税10%) 年間の上限50万円
中古の長期優良住宅を購入した場合の住宅ローン控除上限額

個人売主の場合は30万円、法人売主の場合は上限50万円です。消費税10%が課せられているかどうかで判断します。

家屋の固定資産税の減税について

長期優良住宅としての固定資産税減税を受けるために、何か特別なことをする必要はありません。1月1日現在の所有者に対して[家屋の固定資産税部門]市の職員さんが長期優良住宅であるかの確認をしに来られます。もしあなたが分譲住宅を購入された時期が1月1日を超えている場合は、市職員さんは1月1日所有者であった建築会社へ確認しますので、あなたが職員さんの対応をすることはありません。※マンションの場合はもれなくマンション建築会社へ確認がいきます

住宅ローン控除と住民税のつながり

家を買うと住民税も安くなるの?

住民税が減税されるケースがあります。あなたが確定申告すると、税務署と市は情報共有するため手続き不要です。住民税が安くなったかどうかは、毎年5月~6月頃に会社から手渡される[住民税課税決定通知書]の住民税の控除欄を確認すればいくら減額されたか分かります。

中古戸建・マンション(個人売主)を購入し、年末のローン残高が2000万円の場合

A[ローン残高2000万円×1%=20万円]B[給与から引かれた所得税10万円]だとすると、A-B=10万円が住宅ローン控除では返しきれないため、翌年度の住民税が安くなります。※住民税控除の最高限度額が決まっているため、10万円がまるっと減額になるわけではありません。

消費税10%の一般住宅・マンション(法人売主)を購入し、年末のローン残高が4000万円の場合

A[ローン残高4000万円×1%=40万円]B[給与から引かれた所得税20万円]だとすると、A-B=20万円が住宅ローン控除では返しきれないため、翌年度の住民税が安くなります。※住民税控除の最高限度額が決まっているため、20万円がまるっと減額になるわけではありません。

消費税10%の長期優良住宅・マンション(法人売主)を購入し、年末のローン残高が5000万円の場合

A[ローン残高5000万円×1%=50万円]B[給与から引かれた所得税30万円]だとすると、A-B=20万円が住宅ローン控除では返しきれないため、翌年度の住民税が安くなります。※住民税控除の最高限度額が決まっているため、20万円がまるっと減額になるわけではありません。

実際には住宅ローン控除上限額(20万円/30万円/40万円/50万円)全てを有効に使える人は少ない

  • 消費税10%の長期優良住宅は住宅ローン控除上限額が年間50万円ですが、実際には年末ローン残高の額次第です。ローン残高が5000万円になるようなお買い物をされる高所得者向けの優遇制度なのです※そのため収入が775万円以下の方は[すまい給付金]最大50万円を給付という制度が別に用意されています
  • 長期優良住宅・マンションとして確定申告をされても、年末ローン残高次第では一般住宅・マンションを購入された場合と同等の控除額になります。
  • 長期優良住宅は固定資産税減税の期間木造2階建住宅⇒新築後5年間(一般住宅は3年)、マンションなど耐火性3階建て以上の住宅⇒新築後7年間(一般住宅は5年)になります。こちらは建築会社さんが長期優良住宅の申請をすでにしてくれているため、確定申告の内容に関わらず受けられます。人によっては住宅ローン控除よりも固定資産税減税のメリットのほうが大きく感じられるかもしれません。
このコラムの筆者

刈谷郵便局本局斜め向かいの不動産屋「桜コンサルタント株式会社」の佐々木朱美です。桜コンサルタント内に合同事務所「佐々木朱美社会保険労務士事務所(登録番号23080050)」も設けています。人生の相棒が不動産屋を開業して以来、地元不動産屋として日々元気に活動しております。不動産のこと、コラムのこと、気になる事は TEL:0566-93-9997、またはメールでお気軽にご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

不動産の売却ご相談、物件案内のご予約、その他いろいろ、お電話は8時30分~22時まで、メールは24時間受付しております。