物件を探す

フリーワード検索
駅名や学校名を入れて検索できます。

無料FP相談

私たちが他にない「人生設計」をお手伝いする理由

販売事例集 

心をこめて
お手伝いいたしました

お客様の声

忘れられない
一生ものの出会い

お役立ちコラム集

不動産を選ぶとき、売るとき、ちょっと役立つ豆知識

公式ブログ

子育て真っ最中の日常やお客様の声も更新中

桜コンサルタント株式会社

〒448-0856
愛知県刈谷市寿町2-201-1
TEL 0566-93-9997 
FAX 0566-25-9001
http://www.sakura-consult.co.jp
info@sakura-consult.co.jp

会社概要

住吉幼児園と重原幼児園の移転とその後2021.4

住吉幼児園と重原幼児園の移転とその後

2021年春に住吉幼児園の新園舎が刈谷市神田町に完成しました。住吉小学校南側からの移転&重原幼児園との統合もあり、園児たちのドキドキワクワクはしばらく続きそうです。そして街の不動産屋としては両跡地のその後も気になるところ。

目次

刈谷市の『幼稚園』が『幼‟児”園』になった理由

令和2年4月から刈谷市立幼稚園が幼保連携型認定こども園に移行した

幼児園は、幼稚園(幼児教育)と保育園(保育)の両方のよさを併せ持つ施設です。3歳以上児が入園対象で、従来幼稚園利用の子ども(1号認定)と保育園利用の子ども(2号認定)双方が在園できるため、保育園と異なり、保護者が就労などをやめても継続して入園することができます。また、各小学校区にありますので、お住まいの学区の幼児園を選択されると、お子様が小学校入学の際に早く楽しい学校生活が送れるようになることが期待されます。

新しい住吉幼児園(重原幼児園は統合)の場所

住吉幼児園の新園舎の地図

所在地/刈谷市神田町2-3-8
旧第一学校給食センターです。住吉幼児園の新園舎建設工事は汚染土壌の入替え工事で一時中断されましたが、土壌対策工事完了後に再開。2021年春に開園の運びとなりました。
近隣には[プレシアスコート刈谷住吉][エルグランデ刈谷大手町][エルグランデ刈谷寿][バンベール刈谷レジデンス][アルバックスタワー刈谷駅前][アルバックス刈谷レジデンス]他、年々マンションが増えています。

住吉幼児園の新園舎がお目見え 2021年1月27日撮影

住吉幼児園の建設現場

2021年1月27日撮影。住吉幼児園の新園舎建設現場は刈谷南中学校の北側です。

住吉幼児園の新園舎

養生シートが取れ、新園舎の完成がイメージしやすくなりました。春までに園庭や駐車場の整備も行われます。

住吉幼児園

鉄筋コンクリ―ト2階建てです。黄色と若葉色がアクセントの爽やかな印象の園舎です。

住吉幼児園の並びにある花屋さんオオシマ

住吉幼児園の並びにあるフラワーショップオオシマさんは、住吉小学生が学校行事で使う花の種や苗を購入する行きつけのお花屋さん。

フラワーショップオオシマ

幼児園の園児たちも行かれるようになるかもしれませんね。歩道を歩いてすぐの場所なので安心です。

住吉幼児園外構工事の様子 2021年3月3日撮影

住吉幼児園の外構工事

2021年3月3日撮影。外構工事が進んでいます。個人的には花壇はどこになるのかが気になります。

住吉幼児園の館名板

住吉幼児園の歩道に面した部分に館名板が造られていました。

住吉幼児園の館名板

仕上がりはどんな風でしょう。通路奥に見える長方形の門柱はタイル貼りになると予想できるのですが、館名板は全く想像できません。

住吉幼児園建設中の写真

パステルカラーの幼児園です。園児のみなさん、元気いっぱい健康に育ってくださいね。

フラワーショップオオシマ

幼児園の園児たちも行かれるようになるかもしれませんね。歩道を歩いてすぐの場所なので安心です。

住吉幼児園完成の様子 2021年4月5日撮影

住吉幼児園の

2021年4月5日撮影。NEW館名板は光を反射して輝いています。

住吉幼児園の駐輪場

正門前は駐輪場スペースが占めています。

住吉幼児園の駐輪場

自転車マーク。

住吉幼児園の壁モザイクタイル

壁はモザイクタイルで花柄があしらわれています。パステルカラーで可愛いです。

住吉幼児園新園舎2021

住吉幼児園の新園舎はチューリップが植えられ、子供達を迎え入れる準備万端。遊具も何もかも新しいです。

住吉幼児園の遊具

ジャングルジム、年長者向け複合遊具。

住吉幼児園の砂場

パーゴラのある砂場。ツタ系植物をからませて夏に日陰を作ったり、布を掛けても素敵です。

住吉幼児園の登り棒

リスさんが顔を出しているのぼり棒。奥には年少者向けの複合遊具。

新しい住吉幼児園

ピカピカな園舎へ通う第一期生は幸せ者ですね!

旧住吉幼児園の跡地はどうなる

住吉幼児園の建設現場

旧重原幼児園の建物は待機児童解消のために保育園に転用されます。旧住吉幼児園は取り壊され更地となり、住吉小学校の敷地として利用されることになります。

旧住吉幼児園と住吉小学校

現在、旧住吉幼児園の北側では住吉小学校の南校舎を建設中です。

住吉小学校の南舎建設の様子

令和3年6月完成予定の住吉小学校南校舎。

住吉小学校は今後も生徒数増加が見込まれるため、校舎を増設しています。

住吉幼児園跡地

2021年春以降、旧住吉幼児園の跡地は住吉小学校の敷地となりますが、上物を新たに造ることはせず、校庭(更地)としてしばらく利用されることになります。今後も生徒数が増える見込みが続き、北校舎の老朽化が進んだ時には、新たに校舎を建設する場としての可能性を残すためです。

  • 旧住吉幼児園跡地の活用方法は、伊勢神宮の式年遷宮を思い浮かべます。伊勢神宮には内宮にも外宮にもそれぞれ東と西に同じ広さの敷地があり、20年に一度、社殿など全てを新しくして大御神がお引越しする神宮最大のお祭りです。規模は違えど、考え方は同じ。住吉小学校の歴史を地元不動産屋として今後も見守ります。
このコラムの筆者

刈谷郵便局本局斜め向かいの不動産屋「桜コンサルタント株式会社」の佐々木朱美です。桜コンサルタント内に合同事務所「佐々木朱美社会保険労務士事務所(登録番号23080050)」も設けています。人生の相棒が不動産屋を開業して以来、地元不動産屋として日々元気に活動しております。不動産のこと、コラムのこと、気になる事は TEL:0566-93-9997、またはメールでお気軽にご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

不動産の売却ご相談、物件案内のご予約、その他いろいろ、お電話は8時30分~22時まで、メールは24時間受付しております。