物件を探す

フリーワード検索
駅名や学校名を入れて検索できます。

無料FP相談

私たちが他にない「人生設計」をお手伝いする理由

販売事例集 

心をこめて
お手伝いいたしました

お客様の声

忘れられない
一生ものの出会い

お役立ちコラム集

不動産を選ぶとき、売るとき、ちょっと役立つ豆知識

公式ブログ

子育て真っ最中の日常やお客様の声も更新中

桜コンサルタント株式会社

〒448-0856
愛知県刈谷市寿町2-201-1
TEL 0566-93-9997 
FAX 0566-25-9001
http://www.sakura-consult.co.jp
info@sakura-consult.co.jp

会社概要

火災保険の契約期間短縮2022

火災保険契約期間短縮コラム

不動産屋は昔、火災保険が最長36年加入できたことを知っています。36年が10年に短縮になると知った時、衝撃が強すぎて当時の中日新聞(2014年9月15日発行)を保管したくらいです。そして、今度は10年から5年短縮の話が浮上しています。切ないかな、仕方ないかな。

目次

最初の衝撃は2014年

2014年(平成26年)9月15日月曜日の中日新聞朝刊より

火災保険は戸建やマンションを購入する際に必ず加入していただく保険です。2021年現在は、火災保険は最長10年ですが、昔は36年加入できました。 ※地震保険は今も昔も変わらず最長5年です

火災保険長期契約停止新聞記事2014年
なぜ、火災保険は長期契約(最長36年)ができなくなったの?

自然災害の発生率や想定される保険金支払いが予測できなくなり、10年超の保険料割安な長期保険では収支が難しくなったため。災害発生に応じて保険料の増減ができるようにしたかったからです。※被災した県ごとに保険料率は変ります

2度目の衝撃は2021年

火災保険契約期間が2022年には更に短縮され5年になる!

多く発生する自然災害により、契約期間10年でも収支予測が難しくなり、とうとう2022年に5年へ短縮。割安な長期契約ができなくなります。地震保険はもともと全国に比べて愛知県は高く設定されていることもあり、値下げされましたが、火災保険は今後値上げされることが予測されています。 ※これは賃貸アパートであっても同じことです

今後気を付けること

  • 2015年9月までに戸建やマンションを購入し、最長36年の火災保険に現在加入しているあなた、知人や友人にお願いされたからといって、新しい火災保険(最長10年)に入るのは絶対に損です。現在加入されている長期契約の火災保険を継続しましょう。
  • 現在、短期契約の火災保険に加入されているあなた、もしお財布に余裕があるようでしたら更新時に最長10年の火災保険を選びましょう。
  • 今年か来年にはマイホームを購入しようと考えているあなた、火災保険が最長10年間加入できるうちに購入できると良いです。早く良縁が見つかりますよう、桜コンサルタントもお手伝いさせていただけましたら幸いです。
このコラムの筆者

刈谷郵便局本局斜め向かいの不動産屋「桜コンサルタント株式会社」の佐々木朱美です。桜コンサルタント内に合同事務所「佐々木朱美社会保険労務士事務所(登録番号23080050)」も設けています。人生の相棒が不動産屋を開業して以来、地元不動産屋として日々元気に活動しております。不動産のこと、コラムのこと、気になる事は TEL:0566-93-9997、またはメールでお気軽にご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

不動産の売却ご相談、物件案内のご予約、その他いろいろ、お電話は8時30分~22時まで、メールは24時間受付しております。