物件を探す

フリーワード検索
駅名や学校名を入れて検索できます。

無料FP相談

私たちが他にない「人生設計」をお手伝いする理由

販売事例集 

心をこめて
お手伝いいたしました

お客様の声

忘れられない
一生ものの出会い

お役立ちコラム集

不動産を選ぶとき、売るとき、ちょっと役立つ豆知識

公式ブログ

子育て真っ最中の日常やお客様の声も更新中

桜コンサルタント株式会社

〒448-0856
愛知県刈谷市寿町2-201-1
TEL 0566-93-9997 
FAX 0566-25-9001
http://www.sakura-consult.co.jp
info@sakura-consult.co.jp

会社概要

県営住宅の事故物件の取り扱い

事故物件

街の不動産屋は事故物件と言われる不動産とたまに出会います。一昔前は風水やお日柄(大安や仏滅)を気にされるお客様が多かったのですが、今はそれよりも[事故物件]という言葉をネットや映画でよく目にするようになりました。不動産業界にもファッション界のような流行があります。

目次

事故物件とは

戸建・マンション・ビル・土地で過去に自殺や事件、火災などがあった場合、それは人に忌み嫌われる不動産となり得ます。少子高齢化の世の中では[誰にも気づかれない孤独死]も増えています。※シャンソン歌手・俳優の美輪明宏さんは「孤独」ではなく、「孤高死」と呼ぶことを推奨されています

県営住宅の[事故物件]活用の新聞記事に目が留まる

中日新聞朝刊2021年6月29日(火)の記事
事故物件の新聞記事2021.6.29

県営住宅では過去に入居者らが死亡したことのある事故物件の活用を進めています。
最近は事故物件に対して、柔軟な考えをされる方が増えてきたように感じます。愛知県には桶狭間など有名な合戦地が数多く存在し、それに伴い武士の霊を祀るお寺や神社も多いです。昔は落ち武者の霊ですら嫌われていたのに、ずいぶんと[事故物件]が市民権を得た様子です。映画になり、書物になり、事故物件専門不動産屋がマスコミに取り上げられたり、ツイッターで「○○で事件があった」と気軽につぶやけたりと、重苦しい空気感が薄れてきました。やみくもに怖がるより良い兆候かもしれません。

人はいつか死ぬのだから

  • 不動産屋はお仕事で事故物件に出会うことがあるけれど、そこには死した人の尊厳が必ずあると意識しながら、不動産を取り扱います。
  • 以前、病気が原因で室内で倒れ、そのままお亡くなりになった人の家を購入されたお客様がいらっしゃいましたが、その方の考え方は爽快感さえ覚えます。「私もいずれ逝くから大丈夫。」
  • オカルトな小説や映画は怖いもの見たさで、ついつい図書館で借りたり、ツタヤでレンタルして観てしまいます。(手元に常に置いておくのは怖いのでレンタルなのです。。)でも、実際に取り扱っている不動産とは別です。幽霊よりも怖いのは生きている人間だと、中学校時代の友人が呟いていたことが、ずっと頭に残っています。
このコラムの筆者

刈谷郵便局本局斜め向かいの不動産屋「桜コンサルタント株式会社」の佐々木朱美です。桜コンサルタント内に合同事務所「佐々木朱美社会保険労務士事務所(登録番号23080050)」も設けています。人生の相棒が不動産屋を開業して以来、地元不動産屋として日々元気に活動しております。不動産のこと、コラムのこと、気になる事は TEL:0566-93-9997、またはメールでお気軽にご相談ください。

不動産に関するご相談はこちら

不動産の売却ご相談、物件案内のご予約、その他いろいろ、お電話は8時30分~22時まで、メールは24時間受付しております。